法令 安全衛生情報センター:ホームへ
ホーム > 法令・通達(検索) > 法令・通達

化学プラントにかかるセーフティ・アセスメントについて

改正履歴
基発第149号
平成12年3月21日
都道府県労働基準局長  殿

労働省労働基準局長


化学プラントにかかるセーフティ・アセスメントについて


 標記については、「化学プラントにかかるセーフティ・アセスメントに関する指針」(昭和51年12月24日付け基発第905号別添(略)。以下「指針」という。)を策定し、その周知徹底を図ってきたところであるが、指針の策定から20年以上が経過し、この間、技術の進展に伴い、プラントの多様化、大型化が図られるとともに、様々な新しい安全評価手法が開発されている状況にある。 このため、今般、こうした状況を踏まえて指針の枠組みを見直すとともに、新しい安全評価手法の導入、評価項目の見直し等を行い、別添のとおり指針を改正したので、当該改正指針に基づき、引き続き、化学プラントにおけるセーフティ・アセスメントが実施されるよう関係事業場に対する周知に努められたい。
 なお、(社)日本化学工業協会会長、石油化学工業協会会長及び石油連盟会長に対し、別紙(略)のとおり要請を行ったので了知されたい。
  おって、昭和51年12月24日付け基発第905号は廃止する。