法令 安全衛生情報センター:ホームへ
ホーム > 法令・通達(検索) > 法令・通達

「職場におけるエイズ問題に関するガイドラインについて」の一部改正について
改正履歴

                                                                 基発0430第2号
                                                                                 職発0430第7号             
                                        平成22年4月30日            

 都道府県労働局長 殿

                                                        厚生労働省労働基準局長
                                                                    厚生労働省職業安定局長
          

   「職場におけるエイズ問題に関するガイドラインについて」の一部改正について

 一般の職場におけるエイズ対策については、平成7年2月20日付け基発第75号、職発第97号「職場におけ
るエイズ問題に関するガイドラインについて」(以下、「ガイドライン」という。)において、エイズに関
する正しい知識を普及することを目的に基本的な考え方を示し、自主的な取組の促進を図ってきたところ
である。
 
 労働者が通常の勤務において業務上HIVを含む血液等に接触する危険性が高い医療機関等の職場(以下、
「医療機関等」という。)についても、基本的にはガイドラインで示した「職場におけるエイズ対策の基
本的考え方」と共通するものである。しかしながら、例えば、労働者である医療従事者等に対する検査の
実施の考え方等については、一般の職場と状況が異なることから、ガイドラインにおいては想定していな
いとしているため、医療機関等においては、ガイドラインに定める労働者の雇用管理等についての基本的
な考え方を踏まえた対応は必要ないとの誤解を生ずるおそれがある。
 
 そこで、今般、ガイドラインを下記のとおり改正することとしたので、貴職におかれては、このことに
ついて様々な機会を捉えて周知に努めるとともに、適切な対応が図られるよう指導していただきたい。


                       記

1.改正の内容
 1中「、本ガイドラインは」を削り、「は想定していない。」を「においては、感染の防止について、
別途配慮が必要であるところ、医療機関等における院内感染対策等については、「医療機関における院内
感染対策マニュアル作成のための手引き(案)」等が作成されていることから、これらを参考にして適切に
対応することが望ましい。」に改める。

2.施行期日
 この通達は、発出の日より施行する。