法令 安全衛生情報センター:ホームへ
ホーム > 法令・通達(検索) > 法令・通達

ダンプ荷台降下による死亡災害事例
(昭和48年)

No.

発生年月日

県 名

業 種

被 害 者

発 生 状 況(あ ら ま し)

48.12.13

愛知

建設業

男(20才代)

ダンプトラック(8t積)の荷台をあげたまま点検中、荷台が突然降下し、はさまれたもの。

48.3.24

秋田

建設業

男(25才代)

ダンプの車体下部のシャフトが折れたので荷台を上げて修理していたところ、荷台がさがってきてはさまれ死亡した。

48.4.24

山形

建設業

男(20才代)

道路改良工事において、骨材運搬用ダンプの調子が悪いのでダンプの荷台を上げたまま身体をのりだして点検中、荷台が急に降下し、荷台とシャシの間にはさまれた。(安全措置なし)

48.5.1

青森

建設業

男(45才代)

ダンプの荷台を上げて油を補給していたところ突然荷台が降下し車台と荷台に首をはさまれた。

48.5.19

北海道

製造業

男(30才代)

製材工場の木クズを2tダンプカーにて捨てに行き、捨て場で荷台とフレームの間に首をはさまれて死亡していた。(現認者なし)

48.5.20

大分

建設業

男(25才代)

ダンプのフレームに馬乗りになりグリスアップ中グリスポンプが誤ってダンプロットにふれ、そのため荷台が降り、被害者は荷台とダンプフレームとの間にはさまれ即死した。

48.5.23

香川

建設業

男(30才代)

ガソリンスタンドにおいて11tリヤ式ダンプトラックに燃料給油中、運転手である本人が荷台を上げて点検中、急に荷台が降下しシャシと荷台に頭部をはさまれ死亡した。

48.5.28

山口

建設業

男(25才代)

畜産団地の給排水工事で被害者はダンプを運転し工事現場まで砂を運搬、現場の手前でいったん砂を降ろした。その後ダンプの荷台と車台の間に被害者がはさまれているのが発見されたもの。

48.6.19

三重

土石採取業

男(25才代)

ダンプの荷台をあげ、その下で修理中荷台が降下してはさまれた。

10

48.6.22

北海道

建設業

男(35才代)

ダンプトラックの荷台を上げ運転台後部の窓拭作業中、荷台上下用ロットにふれたため荷台が降下し、荷台と運転台後部フレームにはさまれたもの。

11

48.6.25

島根

土石採取業

男(35才代)

ダンプトラックの荷台をあげてその下の車体との間に入り修理作業中、急に荷台が降下してきて車体との間にはさまれた。

12

48.7.6

山形

建設業

男(20才代)

10.5tダンプカーの荷台を上げ、身体をシャシに乗り出して点検中、荷台が降下しシャシと荷台にはさまれ死亡した。

13

48.7.10

栃木

建設業

男(45才代)

ダンプの荷台を上げて荷台とシャシの間をのぞき込んでいたとき、荷台が降下して受傷し死亡したもの。

14

48.11.29

和歌山

製造業

男(17才代)

ダンプカーの荷台をあげて作業中、荷台が落ちてきてはさまれる。