試 験 方 法

強 度

(ナイフエッジによる圧縮試験)
次の図に示すように、心金並びにナイフエッジ及びナイフエッジ受け座を用いて、パイプサポートを最大使用長さでナイフエッジの方向と支持ピンが直角になるように試験機に取り付け、圧縮荷重をかけ、荷重の最大値を測定する。




供試パイプサポートの最大使用長により(供試パイプサポートの最大使用長ごとの満足すべき強度値表)に示すP(kg)の値以上であること。

(平押しによる圧縮試験)
次の図に示すように、パイプサポートを最大使用長(その値が3,500mmを超えるときは、3,500mm)の長さでその受け板及び大板の中心が試験機の加圧板の中心と一致するように取り付け、圧縮荷重をかけ、荷重の最大値を測定する。




3,600kg以上