インジウム・スズ酸化物等取扱い作業による健康障害防止対策の徹底について

(別添2)
基安発1222第3号
平成22年12月22日
(別紙関係団体の長) あて
厚生労働省労働基準局安全衛生部長

インジウム・スズ酸化物等取扱い作業による健康障害防止対策の徹底について

 労働安全衛生行政の推進につきましては、日頃から格別の御支援、御協力をいただき厚くお礼申しあげ
ます。
 インジウム・スズ酸化物(Indium Tin Oxide。以下、「ITO」という。)等の取扱い作業による健康障害
防止対策の徹底については、平成16年7月13日付け基安化発第0713001号「インジウム・スズ酸化物等取扱
い作業における当面のばく露防止対策について」により、当該物質を製造し、又は取り扱う事業者に対し、
ばく露防止対策の徹底をお願いしてきたところですが、本年6月、ITO研削粉の吸入によるがん原性試験
(日本バイオアッセイ研究センター実施。)の結果において、低濃度の吸入ばく露によりラットにおいて発
がんを含む肺疾患、マウスにおいて肺疾患を起こすことが確認されたところです。
 このため、事業場において適切な健康障害防止対策の導入が推進されるよう、別添1のとおり「インジウ
ム・スズ酸化物等の取扱い作業による健康障害防止に関する技術指針」を定めましたので、貴団体の傘下
事業場に対し、周知くださいますようお願い申し上げます。

 (別紙 省略)

 別添1pdf(PDF:270KB)
このページのトップへ戻ります