法令 安全衛生情報センター:ホームへ
ホーム > 法令・通達(検索) > 法令・通達

試験板の厚さ

種類

回数

一九ミリメートル未満

引張試験

表曲げ試験

裏曲げ試験

衝撃試験

溶接金属及び熱影響部についてそれぞれ三

一九ミリメートル以上

引張試験

裏曲げ試験(突合せ両側溶接が行われた試験板にあつては、表曲げ試験とする。)

側曲げ試験

衝撃試験

溶接金属及び熱影響部についてそれぞれ三

備考
  一  試験板の母材と母材、又は母材と溶接金属との伸びが著しく異なる場合には、表曲げ試験及び裏曲
    げ試験に代えて縦表曲げ試験及び縦裏曲げ試験とする。
  二  最低使用温度が零下十度未満の圧力容器については、衝撃試験を行わなければならない。ただし、
    母材がオーステナイト系ステンレス鋼又は非鉄金属である場合は、衝撃試験を省略することができる。