安全衛生情報の提供を通じて、広く国民全般の労働安全衛生に対する関心を高め、事業場の安全衛生活動を応援します。

  1. ホーム >
  2. 調査研究情報(平成22年度) >
  3. 粉じん職場における作業環境測定評価の妥当性に関する研究〜粉じん中の遊離けい酸含有率の測定分析方法に着目して〜

調査研究情報

粉じん職場における作業環境測定評価の妥当性に関する研究〜粉じん中の遊離けい酸含有率の測定分析方法に着目して〜

調査研究機関・研究者名
研究代表者
  • 山形産業保健推進センター 所長   須藤 俊亮
主任研究者
  • 山形産業保健推進センター 相談員   河合 直樹
研究分担者
  • 山形産業保健推進センター 相談員   斎藤 誠
  • 大分産業保健推進センター 相談員   田吹 光司郎
  • 株式会社 テトラス   本間 直人
共同研究者
  • 日本作業環境測定協会   芹田 富美雄
内容
詳細は「粉じん職場における作業環境測定評価の妥当性に関する研究〜粉じん中の遊離けい酸含有率の測定分析方法に着目して〜外部リンクが開きますを参照してください。
目次
  1. 調査研究の背景と目的
  2. 調査研究の方法
  3. 調査研究の結果
  4. 所見ならびに考察
  5. 遊離けい酸分析手法の提言
発行年月
平成22年度
備考
-

<ご利用する際の留意事項>

各年度に掲載されている報告書等の問い合わせ先等は、報告書等を作成した時のものです。

平成22年度までの調査研究情報は、厚生労働省の委託事業で掲載したものです。

このページの先頭へ戻る

法令・通達

労働災害事例

健康づくり

快適職場づくり

職場のあんぜんサイト外部リンクが開きます
(外部サイトへリンク)

Copyright(C) Japan Advanced InformationCenter of Safety and Health. All Rights Reserved.