法令 安全衛生情報センター:ホームへ
ホーム > 法令・通達(検索) > 法令・通達

6  潤滑装置

検 査 項 目

検 査 方 法

判 定 基 準

6.1
潤滑装置

(1)グリス給脂

給脂状態を調べる。

給脂が適正であること。

(2)グリス作動

ポンプの操作ハンドルの作動を調べる。

作動が円滑であり、所定圧に達する回数が適正であること。

(3)潤滑給油ポンプ

[1] 回転中の異音、振動及び発熱の有無を調べる。[2] 給油状態を調べる。
[3] 油面のレベルを調べる。

[1] 異音、著しい振動又は発熱がないこと。
[2] 給油が適正であること。
[3] 油面計の適正指示範囲内にあること。

(4)配管等

[1] グリス分配弁の指示棒の作動を調べる。
[2] 配管及びホースの損傷並びに継手からの漏れの有無を調べる。
[3] 給油状態を調べる。
[4] 取付けボルト及びナットの緩み及び脱落の有無を調べる。
[5] 油脂の状態を調べる。

[1] 給油時に確実に作動すること。
[2] 損傷又は漏れがないこと。
[3] 給油が適正であること。
[4] 緩み又は脱落がないこと。
[5] 油脂の劣化又は金属粉若しくは異物の混入がないこと。