法令 安全衛生情報センター:ホームへ
ホーム > 法令・通達(検索) > 法令・通達

石綿障害予防規則第十七条第一項の厚生労働大臣が定める要件
改正履歴
 石綿障害予防規則(平成十七年厚生労働省令第二十一号)第十七条第一項の規定に基づき、石綿障害予
防規則第十七条第一項の厚生労働大臣が定める要件を次のように定め、平成十七年七月一日から適用する。
   石綿障害予防規則第十七条第一項の厚生労働大臣が定める要件
 石綿障害予防規則(以下「石綿則」という。)第十七条第一項の厚生労働大臣が定める要件は、次のと
おりとする。
一 石綿則第十二条第一項の規定により設ける局所排気装置にあっては、そのフードの外側における空気
 一立方センチメートル当たりに占める石綿の五マイクロメートル以上の繊維の数が〇・一五を常態とし
 て超えないように稼働させること。
ニ 石綿則第十二条第一項の規定により設けるプッシュプル型換気装置にあっては、次に定めるところに
 よること。
 イ 石綿障害予防規則第十六条第二項第三号の厚生労働大臣が定める要件(平成十七年厚生労働省告示
  第百三十号。以下「要件告示」という。)第一号に規定する密閉式プッシュプル型換気装置にあって
  は、同号ハに規定する捕捉面における気流が同号ハに定めるところに適合するように稼働させること。
 ロ 要件告示第二号に規定する開放式プッシュプル型換気装置にあっては、次に掲げる要件を満たすよ
  うに稼働させること。
  (1) 要件告示第二号イの要件を満たす開放式プッシュプル型換気装置にあっては、同号イ(4)の捕捉
   面における気流が同号イ(4)に定めるところに適合した状態を保つこと。
  (2) 要件告示第二号ロの要件を満たす開放式プッシュプル型換気装置にあっては、同号イ(4)の捕捉
   面における気流が同号口(4)に定めるところに適合した状態を保つこと。