法令 安全衛生情報センター:ホームへ
ホーム > 法令・通達(検索) > 法令・通達

作業環境測定法施行規則第五十四条第二号の規定に基づき厚生労働大臣の定める基準
改正履歴

  作業環境測定法施行規則(昭和五十年労働省令第二十号)第五十四条第二号の規定に基づき、厚生労働
大臣の定める基準を次のように定める。

   作業環境測定法施行規則第五十四条第二号の規定に基づき厚生労働大臣の定める基準

一  次の機器及び設備(次号において「機器等」という。)を有すること。
  イ  化学天びん、直示天びん又は電子天びん
  ロ  乾燥機
  ハ  純水製造装置
  ニ  化学実験台
  ホ  ドラフトチェンバー
  ヘ  排気又は排液の処理のための設備(分析を行う場合に有害物を排出するおそれがあるときに限る。)
二  前号に掲げるもののほか、次の表の上欄に掲げる登録を受けようとする作業場の種類に応じ、それぞ
  れ同表の下欄に掲げる機器等を有すること。(表)

附 則 (平成一二・一二・二五 労働省告示第百二十号)(抄)
(適用期日)
第一 この告示は、内閣法の一部を改正する法律(平成十二年法律第八十八号)の施行の日(平成十三年
 一月六日)から適用する。

附 則 (平成一九・一二・二八 厚生労働省告示第四三五号)
1   この告示は、平成二十年三月一日から適用する。
2  この告示の適用の日において、現に作業環境測定法(昭和五十一年法律第二十八号)第三十三条第一
 項の登録を受けている者及び同日前になされた同条第二項の登録の申請に係る作業環境測定法施行規則
 第五十四条第二号の基準については、なお従前の例による。

附 則 (平成二四・一二・二八 厚生労働省告示第六〇四号)
 (適用期日)
第一条 この告示は、平成二十五年一月一日から適用する。ただし、第二条の規定及び第三条の規定中作
 業環境測定士規程第三条第一項の改正規定は同年七月一日から、第四条の規定中作業環境測定基準第十
 三条第三項の改正規定は平成二十六年一月一日から適用する。
 (経過措置)
第二条 第二条の規定の適用の日において、現に作業環境測定法(昭和五十年法律第二十八号)第三十三条
 第一項の登録を受けている者及び同日前になされた同条第二項の登録の申請に係る作業環境測定法施行
 規則(昭和五十年労働省令第二十号)第五十四条第二号の基準については、なお従前の例による。