安全衛生情報の提供を通じて、広く国民全般の労働安全衛生に対する関心を高め、事業場の安全衛生活動を応援します。

  1. ホーム >
  2. 調査研究情報(平成12年度) >
  3. 「快適職場づくりを継続的かつ計画的に取り組むためのガイドライン」の開発

調査研究情報

「快適職場づくりを継続的かつ計画的に取り組むためのガイドライン」の開発

調査研究機関・研究者名
委員長
  • 高田 勗(中央労働災害防止協会 労働衛生検査センター所長)
内容

疲労やストレスを感じることが少ない快適な職場環境の形成を目的として、快適職場指針が公表されてから7年以上が経過した。この間、多くの事業場において同指針に基づく快適職場づくりが積極的に行われ、総合的に「快適である」と評価する労働者の割合は上昇している。しかしそれはまだ3割台にとどまっており、必ずしも十分とは言えない状況である。一方においては、最近の厳しい経済社会情勢を反映してか、職場の人間関係、仕事の質や量、仕事への適性などの問題により、仕事や職業生活において強い不安やストレスを感じている労働者の割合は増加している。

本報告書は平成8年度から3ヵ年かけて、職場の人間関係、組織、仕事の進め方などソフト対策のあり方について調査研究したのをまとめたものである。快適職場づくりに実際に取り組んだ事業場においても、また「快適」という観点から職場改善に取り組んでこなかった事業場においても、快適職場づくりの問題点として資金面と職場快適化のノウハウを挙げており、これらの問題点を乗り越えていくために「ガイドライン」の開発が考えられた。

ガイドラインの基本的な考え方としては、「快適な職場環境の形成に資することを目的とし、継続的かつ計画的な職場快適化の取組みを効果的、効率的に実施するためのもの」とし、「取組みを行う際のガイドであって強制的な基準ではない」とした。また安全衛生マネジメントシステム指針の考え方に基づく「計画−実施−評価−改善」という一連の過程の取組により職場快適化の効果が高まるものとした。更に労働者のために行うものであることを基本とし、労働者の意見を反映するものとした。労働者が不快に感じている要因及び労働者が快適化に必要としている要因を定量的に評価する手法として「職場環境評価システム」を活用できるものとした等が考えられた。

本書は「ガイドライン」の本文、ならびに「ガイドライン」の解説、ガイドラインにおける「職場環境評価システム等の活用」方法、評価票、評価票記入要領、強度ランク決定の目安、評価ランク決定の目安、定量的評価分析フォーマットが一覧表や図示とともに掲載されている。

目次
  • 第1章 調査研究委員会の設置について
  • 第2章 快適職場づくりを継続的かつ計画的に取り組むことが求められる社会的背景
  • 第3章 「快適職場づくりを継続的かつ計画的に取り組むためのガイドライン」の開発について
  • 第4章 快適職場づくりを継続的かつ計画的に取り組むためのガイドライン
  • 第5章 「職場環境評価システム」に基づく職場環境を評価する方法の提案
  • 第6章 「快適職場づくりを継続的かつ計画的に取り組むためのガイドライン」の活用
発行年月
平成12年3月
備考
報告書をご希望の場合は、中央労働災害防止協会外部リンクが開きますへお問い合わせください。

<ご利用する際の留意事項>

各年度に掲載されている報告書等の問い合わせ先等は、報告書等を作成した時のものです。

平成22年度までの調査研究情報は、厚生労働省の委託事業で掲載したものです。

このページの先頭へ戻る

法令・通達

労働災害事例

健康づくり

快適職場づくり

職場のあんぜんサイト外部リンクが開きます
(外部サイトへリンク)

Copyright(C) Japan Advanced InformationCenter of Safety and Health. All Rights Reserved.