安全衛生情報の提供を通じて、広く国民全般の労働安全衛生に対する関心を高め、事業場の安全衛生活動を応援します。

  1. ホーム >
  2. 健康づくり[目次] >
  3. メンタルヘルスケア

メンタルヘルスケア

メンタルヘルスケアとは

(1)職場におけるメンタルヘルスケアの重要性

厳しい経済情勢の中、職業生活等において強い不安、ストレス等を感じる労働者は約6割に上っています。 また、メンタルヘルス上の理由により連続1カ月以上休業し、または、退職した労働者がいる事業場は7.6%となっています。 さらに、業務に密接な関係があると判断されたメンタルヘルス不調者は労災の補償対象となり、その件数も増えてきています(※注)。 事業者が民事上の損害賠償責任を問われる例も出ています。

これらの状況をふまえ、労働者のメンタルヘルス不調は、企業経営のリスク要因として見逃せない問題であるという認識が定着してきました。 現在では、組織全体の心の健康レベルを引き上げることにより、企業の活性化や生産性の向上につなげようという考え方もでてきています。

(※注 「労働者健康状況調査」平成19年 厚生労働省調べ)

(2)メンタルヘルスケアの考え方と体制づくり

メンタルヘルスケアは大きく次の二つに分けられ、労働者を対象としたものは、さらに二つに分けられます。

  1. 労働者を対象としたもの
    • メンタルヘルス不調者への対応(ハイリスクアプローチ)
    • 全労働者への対応(ポピュレーションアプローチ)
  2. 職場環境等を対象としたもの

これらを同時に進めていくことが重要です。

労働安全衛生法第70条の2別ウィンドウが開きますに基づき、事業場において事業者が講ずるように努めるべき労働者の心の健康の保持増進のための措置が適切かつ有効に実施されるよう「労働者の心の健康の保持増進のための指針別ウィンドウが開きます(指針)が厚生労働大臣によって定められています。この指針によると、メンタルヘルスケアは、「セルフケア」、「ラインによるケア」、 「事業場内産業保健スタッフ等によるケア」、「事業場外資源によるケア」の4つで進めるとされています。 このうち、中核となるのは、「セルフケア」「ラインによるケア」です。

事業者はこれらの体制をととのえ、1.と2.を継続的かつ計画的に実行する体制づくりを行う必要があります。

働く人のメンタルヘルスポータルサイト「こころの耳」
このページの先頭へ戻る

法令・通達

労働災害事例

健康づくり

快適職場づくり

職場のあんぜんサイト外部リンクが開きます
(外部サイトへリンク)

Copyright(C) Japan Advanced InformationCenter of Safety and Health. All Rights Reserved.