安全衛生情報の提供を通じて、広く国民全般の労働安全衛生に対する関心を高め、事業場の安全衛生活動を応援します。

  1. ホーム >
  2. 調査研究情報(平成16年度) >
  3. エルゴノミクス手法を活用した安全衛生対策に関する調査研究委員会報告書

調査研究情報

エルゴノミクス手法を活用した安全衛生対策に関する調査研究委員会報告書

調査研究機関・研究者名
中央労働災害防止協会
委員長
  • 財団法人 労働科学研究所 常務理事  酒井 一博
委員
  • (株)日立製作所 労政人事部労務・雇用企画グループ主任  石川 剛康
  • 株式会社メルコブレインズ ディレクター  小野 道實
  • 日産自動車(株) 人事部安全健康管理室主査  粂谷 亜人
  • 日本大学大学院 理工学研究科医療・福祉工学教授  城内 博
  • (株)東芝 業務・人事企画部安全健康担当参事  田付 和則
  • トピー工業(株) 社員部安全・教育担当部長  谷本 仁
  • 大阪教育大学 教養学科人間科学専攻人間行動学教授  中迫 勝
  • マツダ株式会社 安全衛生推進部主任  広次 勝幸
  • 住友金属工業(株) 本社人事労政部次長兼安全健康室長  福成 雄三
  • 株式会社 神戸製鋼所 人事労政部安全健康グループ長  渡邊 邦明
内容
-
目次
  • 1章.調査研究の概要
    1. 目的
    2. 方法・内容
    3. 委員会構成員等
    4. 研究活動経過
    5. 研得られた成果
    • 別紙:設置要綱
          委員名簿
  • 2章.エルゴノミクス手法による安全衛生対策の概要
    1. はじめに
    2. エルゴノミクス導入のゴール
    3. エルゴノミクスの課題領域
    4. エルゴノミクスによるアセスメントのすすめ方
  • 3章.事例調査結果の概要
    1. 目的
    2. 方法
    3. 調査結果のまとめ
  • 4章.自動車産業におけるエルゴノミクス手法活用の取り組み実態
    1. A社でのエルゴノミクスによる作業改善
    2. H社でのエルゴノミクス活動
  • 5章.調査研究結果のまとめと提言
    1. 調査研究結果のまとめ
    2. 提言
  • 6章.事例調査結果
  • 資料
発行年月
平成16年10月
備考
報告書をご希望の方は、中央労働災害防止協会外部リンクが開きますへお問い合わせください。

<ご利用する際の留意事項>

各年度に掲載されている報告書等の問い合わせ先等は、報告書等を作成した時のものです。

平成22年度までの調査研究情報は、厚生労働省の委託事業で掲載したものです。

このページの先頭へ戻る

法令・通達

労働災害事例

健康づくり

快適職場づくり

職場のあんぜんサイト外部リンクが開きます
(外部サイトへリンク)

Copyright(C) Japan Advanced InformationCenter of Safety and Health. All Rights Reserved.